【目的】

 町並みを残していく上で、建物を維持・管理し続けていくことは、もっとも重要なことの一つである。しかし、生活様式や社会経済の変化の中で、建物固有の性能と今日的な活用ニーズとのずれが生じてきている。
 また、建物の老朽化とともに持ち主の高齢化も進み、経済面、体力面、価値観等の問題により、空き家となったり、朽ちていったりするなど、歴史的建物の維持・管理が徐々に難しくなってきている。そのような実態の中で、歴史ある建物を維持・管理し続けていくためには、担い手を育成し、建物の性能と活用ニーズのずれを解消し、建物の活用を図ることが喫緊の課題であると考えられる。
 そこで本建物活用コンペでは、上記課題について、自由で実現可能なアイデアを集め、実践することで、建物活用の糸口を見出したい。

さらには、町並みの新たな産業として根付かせることで町並み保存の循環につなげていくことを目的とする。

【スケジュール】

8月25日(水) 12:00開催概要公表公式HPに公開
9月11日(土)10:00~12:00建物公開①現地集合
9月15日(水) ~17:00質疑受付Eメール受付
9月17日(金) 12:00質疑回答Eメール返信及びHP掲載
9月24日(金) ~17:00参加受付締め切りEメール受付
9月25日(土) 14:00~16:00建物公開②現地集合
10月 1日(金)12:00プレゼン方法公表公式HPに公開
10月15日(金) ~17:00提案提出締め切り持参・郵送
10月23日(土) 14:00~16:00プレゼン

【対象建物】

 対象建物①:旧池田家・旧中島家・旧中村家(庄金茅葺三棟)

       重要伝統的建造物群保存地区の特定物件

 対象建物②:旧N家

       重要伝統的建造物群保存地区の周辺の比較的古い一般物件

【計画条件】

  • 建物の価値および重要伝統的構造物群保存地区の意義を十分に理解した計画とすること。
  • 対象建物①は、建物の外観の変更は不可。
  • 対象建物①は、3棟まとめて活用する計画とすること。
  • 対象建物①は、内部の改修は現状に戻すことの出来る範囲とする。
  • 対象建物②は、内外部の改修は無制限。ただし周囲の歴史的外観に十分配慮すること。

【応募条件】

  • 学生及び、20~30代の一般とする。応募は個人、グループいずれも可。
  • 提案応募にかかる費用の一切は、応募者負担とする。
  • 応募書類、その他応募者から提案された資料は一切返却しない。
  • 応募作品は、必要に応じ主催者が公表する。
  • 対象建物①または、対象建物②のいずれかを選択し、活用計画、運営計画、資金計画を提案すること。

【審査】

 審査基準:実現性、持続性、独創性

 審査員 :地元事業者、地元まちづくり活動者、建物活用者、学術経験者、建築士等

 賞金  :最優秀賞 賞金5万円、実践サポート

      優秀賞  賞金1万円

      特別賞  地元特産品詰め合わせ

※各賞は審査において該当なしとなる場合がある

【提案の権利】

 応募作品の著作権は応募者に帰属する。ただし、作品の発表や二次使用に関する権利は主催者が有し、主催者は何らの制約もなく作品の発表や二次使用をすることができる。

 最優秀受賞者は、応募提案を当該建物で実践する場合は、資金調達のサポートを受けることができる。

 最優秀受賞者が、応募提案を実践しない場合は、提案実践の権利が実行委員会に譲渡されたものとする。

【提案様式】

 提案要旨はA3用紙5枚以内とし、3部提出すること。

 書式は特に指定しない。

 提出物は、提案応募票、提案書(A3)3部、提案書のPDFファイルを入れたCD-Rとする。

 提出は、郵送または持参とする。郵送の場合は消印有効とする。

【注意事項等】

 現地見学時はマスクの着用ならびに手指の消毒を行い、コロナ感染対策を行ってください。

 現地見学時の駐車場は、まちなみ駐車場等を利用し、路上や民地への駐車はご遠慮ください。

NPO 法人 肥前浜宿水とまちなみの会 事務局
〒849-1322 佐賀県鹿島市浜町乙 2696 番地
TEL 0954-69-8004
E-mail npohama@po.asunet.ne.jp
URL https://hamashuku.com